『マニック』 (ホールジー)、『センター・ウォント・ホールド (CENTER WON'T HOLD)』 (スリーター・キニー)

 

『マニック』 (ホールジー)

ホールジー - Wikipedia

 

『センター・ウォント・ホールド (CENTER WON'T HOLD)』 (スリーター・キニー)

スリーター・キニー - Wikipedia

 

警察庁長官中村格氏が就任へ 警視総監は大石吉彦

 警察庁の松本光弘長官(60)と警視庁の斉藤実総監(59)が退職し、後任の第29代警察庁長官中村格次長(58)、第97代警視総監に大石吉彦警備局長(58)がそれぞれ就任する人事が14日の閣議で承認された。発令は長官が22日付、警視総監が16日付。

 中村氏は刑事畑が長く、警察庁組織犯罪対策部長などを歴任してきた。大石氏は警備や危機管理部門の経験が豊富。両氏とも官邸での秘書官勤務が長く、中村氏は2009年から5年半、旧民主党自民党の両政権で官房長官秘書官を務め、大石氏は第2次安倍晋三政権がスタートした12年から約6年間、首相秘書官に起用された。

世も末だ

https://hiradice.hatenablog.com/entry/2019/12/18/024331

菅首相の置き土産 ついに長官に上り詰めた「官邸の守護神」 “逮捕状を握り潰した”警察庁中村格

 菅義偉首相の総裁選への電撃不出馬表明が、霞が関の官僚人事に少なからぬ影響を与えている。中でも首相の大のお気に入りで懐刀と言われた警察庁中村格次長の長官への昇格が内定した。かつて「逮捕状を握り潰した男」としても名が知れ渡った人物である。

 社会部デスクによると、

「9月10日に内示された警察庁の最高幹部人事で、松本光弘長官が辞職して中村格次長が昇格することになりました。14日の閣議で決定される流れです」

 中村次長の昇格は既定路線だったとはいえ、

「今年末くらいではと言われていたので少し早まった印象ですね。“自分が在任中に中村長官を実現させたい”と菅さんが考えていたとしても不思議ではないですね」

 菅首相の強い思い入れが見え隠れするが、どういうことなのか? 

 中村氏は1986年に警察庁入庁。警察庁刑事部捜査2課長などを経て、民主党政権時代の2009年に官房長官秘書官に。首相と共にコロコロと代わる官房長官に仕える中で迎えた2012年、自民党が政権を奪取した際に目の前に現れたのが菅氏だった。

「政権が交代すれば秘書官は交代するのが基本で、中村さんもそうなりそうだったのですが、菅さんに“続けさせてほしい”と土下座せんばかりに訴えて、菅さんもそこまで言うならと応じたということです」

 それからの中村氏の仕事ぶりと、菅氏の寵愛ぶりは霞が関ではよく知られている。

 

 その刑事部長時代に、「逮捕状の握り潰し」案件は起こった。

 民放キー局の海外支局長にレイプされたと主張する女性が被害届を提出。捜査の結果、准強姦容疑で逮捕状が出て、支局長が成田空港に帰国したタイミングで身柄を確保する流れが固まっていた。しかし、その捜査中止を命じたのが、他ならぬ中村氏だった。

  これとは逆に、当時の安倍晋三首相の秘書の子息が関与したゲームセンターでのケンカに捜査1課を投入して加害者をスピード逮捕させたのも、中村氏だった。

 安倍さんの秘書の子息は被害者でしたが、子供のケンカに捜査1課の、しかもエース級のベテラン捜査員を投入して加害者を逮捕までするというのは驚きました。安倍さんへの忖度捜査と言われても仕方ないかもしれません」(同)

 

安倍前首相の秘書官も

 「中村くん、そしてその後に長官になることが確定的な同期の露木くんは共に、本部長として東京から地方へ一歩も出ないままトップに上がることになります。東京に留まり続けたのは政治家からの要請とはいえ、とても異例のことで、本人たちには気の毒な気もしますね」

  と、ある警察キャリアOBは話す。

 政治との距離の近さで言うなら、少し前に内示された警視庁の最高幹部人事も見ておこう。

「こちらは、東京五輪パラリンピック終了後と見られていた通りのタイミングでした。斉藤実警視総監が辞職し、大石吉彦警察庁警備局長が後継となります。大石さんは中村さんたちと同期の1986年入庁組。安倍首相時代の秘書官を長く務めたことで知られています」(先のデスク)

 自民党が政権を奪取した2012年12月から19年1月までと6年強も安倍政権下で首相秘書官の職にあった。

「安倍さんの秘書官経験者は省庁に戻ったら厚遇されるのが常です。たとえば、財務省の田中一穂氏は同期で3人目となる次官になりましたが、安倍さんがゲタをはかせてあげたというのがもっぱらの評ですね。大石さんはもともととても優秀で実力で総監にたどり着いたとも言えます。でも安倍さんが大石さんの処遇を大切にしてほしいと願っているというのは、霞が関や永田町の住人なら誰でも知っている話です」(政治部デスク)

 霞が関のキャリア人事は政治に翻弄されるのが常だが、これらもまた、戦後最長政権の副産物と言えるだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年9月13日 掲載

 

 

 

『ボサノヴァ・ソウル・サンバ+3』 (アイク・ケベック)

 

ボサノヴァ・ソウル・サンバ+3

ボサノヴァ・ソウル・サンバ+3

Amazon

[録音] 1962年10月5日

アイク・ケベック - Wikipedia

 

毛利元就」末裔のエリート外交官のDV疑惑 息子が外務省の“隠蔽工作”も告発

 今年は日本史にその名を残す戦国大名毛利元就の没後450年。元就公といえば“三本の矢”で、死の間際に息子3人を枕元に呼び、結束の力を説いた逸話で知られる。親子の信頼関係あってこそ成り立つ物語だが、その末裔の場合、息子が親の恥ずべき不行状を告発するという異常事態に……。

 民間企業と同じく外務省職員の朝も、メールチェックというお定まりの所作で始まる。が、8月23日、その一通を開いた職員は驚愕して椅子から転げ落ちた。

 そこには、こうあった。

〈突然失礼いたします。僕は、オーストラリアの大使館に異動になった毛利忠敦の息子です〉

 毛利忠敦(ただあつ)氏が8月1日付でオーストラリア公使になっているのは事実で、

〈父の関係者の方々に送らせていただいています。非常識なことをして申し訳ありません。僕は、皆さまに知っていただきたいことがあります。父は2018年6月に、部下の女性からセクハラで告発されて、停職9か月という処分を受けました。しかし事件後も父は反省どころか、僕たち家族の気持ちを踏みにじる行為を続けました〉

 職員の脳裏には、3年前のあのニュースがよぎった。

 外務省ロシア課長がセクハラで停職9カ月に――。

 当時を知る外務省関係者が振り返るには、

「毛利氏は、中国地方に覇を唱えた戦国時代の大名・毛利元就の血を引く毛並みのよさと、ロシア語が専門の“ロシアンスクール”内での優秀さとで“エース”と一目置かれる存在でした。ロシア課長時代も北方領土返還交渉の実務を担うなど枢要な仕事を任されていたのですが、同僚の女性へのセクハラで処分され、出世コースを外れたのです」

 9カ月の停職が明けた毛利氏は、東欧ベラルーシの公使に異動。そして先ごろ、オーストラリア公使を拝命した。日本と友好関係にある大国への赴任は悪くない話のはず。なのに、なぜこんなメールが?

   答えは、そこに添付されていたワードファイルにあった。1部と2部に分かれた文書でA4判じつに18ページに及ぶ。書き出しは以下のような文面だ。

〈2018年4月、当時中学2年だった僕は、夕飯中に父から「子供部屋が散らかっているから片付けなさい」と注意されました。僕は「食事が済んだら片付ける」と言って食事を続けていました。数分後、父は豹変して僕の所に戻って来て激高しました。まだ食事中の僕は、父にいきなり椅子から引きずり降ろされて、何度もひっぱたかれ、床に投げ倒され、馬乗りで首を絞められました〉

 世に言うDVか。続けて、

〈父が豹変した理由はわかりまん(ママ)が、父は激高しやすい性格です。その時僕はこのまま父に殺されると思いました。父は、家で長年DVを繰り返して来ていて、母は妊娠中にも暴力を振るわれたそうです〉

 なんと妻にも暴力を……。

隠蔽工作

将来有望な息子さん

『タルーラ』 (フィーダー)、『シュラゲンハイム』(ブラック・ミディ)

『タルーラ』 (フィーダー)

フィーダー (バンド) - Wikipedia

 

『シュラゲンハイム』(ブラック・ミディ)

 

『ベスト・オブ・ダイアー・ストレイツ&マーク・ノップラー』

 

 

『グリニッジ・ヴィレッジのアルバート・アイラー』 (アルバート・アイラー)

 

1966年12月18日、1967年2月26日

『決定盤 日本コロムビア大傑作選 ~戦前伝説編』、『決定盤 日本コロムビア大傑作選 ~戦後青春編』 (オムニバス)

 

『決定盤 日本コロムビア大傑作選 ~戦前伝説編』

 

『決定盤 日本コロムビア大傑作選 ~戦後青春編』

 

『大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決をめざして』、『「治る」ことをあきらめる 「死に方上手」のすすめ』 (幻冬舎新書) (中村 仁一)

 

『大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決をめざして』

 

『「治る」ことをあきらめる 「死に方上手」のすすめ』

 

 

blog.goo.ne.jp