『数とは何か そしてまた何であったか』 (足立恒雄)

数とは何か そしてまた何であったか

数とは何か そしてまた何であったか


【志村五郎さんのこと】志村五郎という日本を代表する偉大な数学者がいる。フィールド賞というのは40歳までの若手に与えられる賞だから、志村さんはもらっていないが、これがノーベル賞のように年齢に関係ないなら二つほどもらってもよいほど偉い人である。

【志村五郎さんのこと】これから書くのは学者として偉いということと人格的に問題があるということとはまったく独立であるという証拠のつもりである。ただし私は志村さんとは何の面識もないし、何かお世話になったというような関係ではないことを断わっておく。もし関係があったら恐ろしくて書けない。

【志村五郎さんのこと】志村さんはヴェイユ=志村=谷山予想といわれていた問題にヴェイユの名前が入っているのがけしからんとあらゆる新聞社に電話する位活動的(つまり攻撃的)だから、みなさん遠慮して何も言わない。

【志村五郎さんのこと】話だけなら文章になっていないので文句の言いようもないが、志村さんの著書『記憶の切り絵図』は公刊された書物なので、証拠のない陰口ではない。

【志村五郎さんのこと】志村さんの書いていることは二度読みたくないほど誹謗中傷、独善に満ちているが、中でも許されないのは、死者を鞭打っていることであり、それも何の根拠も示さずにやっていることである。

【志村五郎さんのこと】(その1)多くの人が自分にアイデアを負いながら、そのことを論文に記していないと実名を挙げながら非難している。実際はどうなのか? 他のことと照らし合わせると極めて怪しい。数学界はそんなに恩知らずに満ちているとは思えない。

【志村五郎さんのこと】(その2)高木貞治に2度しか会っていない、それも遠くから話し声を聞いたことがあるだけだと書きながら、「高木貞治は下らぬ小人である。」、「自分は士である。」と何度も書いているが、根拠が何も記されていない。

【志村五郎さんのこと】(その3)ヘッケという(志村さんよりはずっと偉い)歴史的大数学者がいるが、ヘッケにはできなかったことを自分がやったというだけのことで「ヘッケに死に恥をかかせてやった」と書いているが、死に恥とは何だ!

【志村五郎さんのこと】(その4)志村さんが数学は問題解きの学問だと心得ているのは結構だが、ヒルベルトについて「趣味も悪く、程度も低く、人の目をつまらない方向にむけさせるという意味で反動的であった」と断じている。あまりに偏狭な数学観を振りかざすのは他に対する影響を考えない行動だ。

【志村五郎さんのこと】(その5)「マッカーサーは小人以下であった」と書いているが、当否はともかくとして、何の根拠も示していないで、こういうことを書くのは、いくら数学者であってプロの文章家ではないとは言え許されることではない。

【志村五郎さんのこと】「衆人の一致した意見は、人柄のよしあしに関する限りつねに正しいものである」と書いてあるのは、正にその通り!志村さんにこそ、この言葉が一番適切に当てはまる。「君子は泰にして驕らず、小人は驕りて泰ならず」と論語を引用しているが、自分が一番適切な例である。

【志村五郎さんのこと】(その7)中にKとGという学生時代の知人の話が出てくる。学生時代の行動を口をきわめて罵っているが、KとGは私の知人で、志村さんよりは尊敬に値する人たちである。「彼らはまともな倫理観に欠けている」というが、そんな激しい言葉を使うような内容だとはとても思えない。

【志村五郎さんのこと】数学の世界は問題解きに熱中していてこうした傍若無人に対していちいち反応しないのが通例であること、そして自分が数学の世界で地位があること、を利用し、ナイコトないことを好き放題書くのはともかく、たいていがすでに亡くなった方々で、文句が言えないというのが許せない。

【志村五郎さんのこと】谷山豊さんは若くして亡くなった志村さんの東大での同僚だが、谷山さんのオリジナリティ等に関し陰湿な嫌がらせを繰り返し書くというのはとても普通の神経では考えられないことである。何が「士」だ。葉隠ボットをやったために志村さんのことを思い出してしまった。

【志村五郎さんのこと】自分が教祖ぶっていると必ず信者ができるもので、志村さんにも信者が二人ばかりいる。京都で弥永先生と岩沢健吉さんのお祝いの会があったとき、あいさつに立った信者がお二人については一言もふれず最初から最後まで志村経を上げていた。

【志村五郎さんのこと】そのとき信者いわく、「志村先生はこの論文をお書きになったとき、ヴェイユに引導を渡した、とおっしゃいました。かくしてヴェイユは葬り去られたのであります。」バーカ言ってんじゃないよ。

【志村五郎さんのこと】その信者はアメリカにはじめて行った時のことをトクトクと話していた。プリンストンの志村先生のお屋敷をはるかに遙拝いたしまして、次の日にお宅にお伺いいたしました。」 ケッ! 「遙拝」だって。 だれのための祝賀会か忘れている、のではなくわざと無視したんだね。

『記憶の切り絵図』は若い人には読んでほしくない本である。内容の正確さは図書館で確認してほしい。買われると販売促進の協力をしたような結果になる。飯高さんは、提灯持ちをしたんだろう、怖いあまりに。

弥永健一さん(弥永先生の長男)はさすがに四トロでならした猛者(今でも成田で2、3軒の反対農家を支援している)だけに『数学セミナー』で書いた書評は、かなり抑え気味ながらも、きちんとした批判をしていた。

健一さんに、「おざなりな褒め言葉の並んだ書評じゃないかと心配したのだが、キチンと書いてあってよかった」と手紙を書き、tweetした内容をもっと詳述した。とても喜んで電話してみえた。「あんまりなので批判の文書を出したい」と言っていたが、出たとは聞かない。それでせめてtweetした。

志村五郎さんの『記憶の切り絵図』についてのtweetは数学関係者に多大のインパクトを与えたらしい。twitterには無縁な人でも何らかの形で読んだ人が多い。二日前にも「自分の言いたかったことがすべて書いてある。まるで自分が書いたみたい」というメールをくれた人がいる。

続いて「志村さんはその後『鳥のように』という本を書いた。この本もひどいので、これについてもtweetしてほしい」という要望が書いてあった。それはお断りした。不愉快な本に決まっているものを読む気になれないし、そんな本に金を出すのは嫌だからだ。

だれかが貸してくれたら、ひょっとしたら読んでまたカッとなって書くかもしれないが、精神衛生のためには読みたくない。それで、「ご自分でお書きになってはどうですか」と返信しておいた。