『イルミネイションズ』 (マッコイ・タイナー)

 

イルミネイションズ

イルミネイションズ

 

 

マッコイ・タイナー氏死去 81歳 米ジャズピアニスト

 発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]

【3月7日 AFP】米ジャズピアニストで、ジョン・コルトレーンJohn Coltrane)のカルテットに参加したことで知られるマッコイ・タイナーMcCoy Tyner)氏が死去した。81歳だった。家族が6日、発表した。死因は明らかにされていない。

 タイナー氏は、ハービー・ハンコックHerbie Hancock)やビル・エバンスBill Evans)、チック・コリアChick Corea)らと並び、歴史上最も崇敬されたジャズピアニストの一人。モダンジャズピアノの歴史を形づくったとされ、何十年にもわたり最高のバンドリーダーとして活躍した。

 タイナー氏は1938年、フィラデルフィアPhiladelphia)生まれ。13歳でピアノを習い始め、20代初め、ベニー・ゴルソンBenny Golson)とアート・ファーマーArt Farmer)率いるジャズテット(Jazztet)でキャリアを開始。独創的な作曲家でもあったタイナー氏は1960年、サックス奏者であるコルトレーンの著名なカルテットに加わり、「至上の愛(A Love Supreme)」や「マイ・フェイバリット・シングス(My Favorite Things)」など伝説的なアルバムで演奏した。

 ベースにジミー・ギャリソン(Jimmy Garrisson)、ドラムにエルビン・ジョーンズElvin Jones)が参加したコルトレーンのカルテットで、タイナー氏は生存する最後のメンバーだった。(c)AFP