『入門 現代の量子力学 量子情報・量子測定を中心として』 (KS物理専門書) (堀田 昌寛)

 

 

ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツさん死去 80歳

8/25(水) 1:46配信
【AFP=時事】(更新)英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズThe Rolling Stones)のドラマー、チャーリー・ワッツ(Charlie Watts)さんが24日、死去した。80歳。代理人が発表した。

 ワッツさんはロンドンの病院で、家族に囲まれながら安らかに息を引き取ったという。代理人は「チャーリーは愛された夫、父親、祖父であると同時に、ザ・ローリング・ストーンズのメンバーとして、同世代で最も偉大なドラマーの一人だった」と追悼。「困難な時である今は、家族やバンドメンバー、親しい友人のプライバシーを守るようお願いしたい」としている。

 ワッツさんは荒々しいパフォーマンスをみせるストーンズの中でも物静かな人物として知られ、その安定したテンポ感覚は、ボーカルのミック・ジャガーMick Jagger)さんやギタリストのキース・リチャーズ(Keith Richards)さん、ロニー・ウッド(Ronnie Wood)さんのエネルギーとカリスマにあふれる姿とは対照的だった。

 ストーンズは来月、米国ツアーを再開する予定だが、ワッツさんは今月、医療処置を受けたことを理由にツアー不参加を発表していた。【翻訳編集】 AFPBB News

 チャーリー・ワッツ秘蔵インタビュー「僕がロックを一緒にプレイするのは彼らだけ」 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)